スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地獄少女第十話感想 


今回はなんかめっちゃこう心がもやっとする終わり方でした。

結構ありそうな友達同士のトラブルの話なんですけど主人公が病んでる感じがして最後まで怖かった((( ;゚Д゚)))

呪いの藁人形のように釘で打ちつけるシーンがあったのですが輪入道かわいそうなんですけど・・・。

しかも取ってあげようとした一目連と骨女(姐さんの衣装てOL風に定着したんですか?)をあいが止めたので輪入道そのまんま。
お嬢酷い(笑)

最後はハッピーエンドかと思いきやバットエンド!!しかもかなーり後味悪い・・・

もし藁人形でもめた時みなみがちゃんと事情を話してたら詩織は地獄行きにならなかったのかもしれませんね。

というかあいが紐解けても地獄行きにはしないのかと思ってました。

ルールは絶対なのですかねー。

どの道説明したとしてもみなみと詩織の友情は戻らなかったんでしょうね~あれはもう修復無理やと思います。

詩織も友達に裏切られたあたり「えー」という感じでしたが。
あの二人は一体どういう気持ちで詩織をハブらせたんだろう・・・

あいはこういう結果になることわかってたのでしょうね~。
仲直りしかけたときさっさと帰ってしまったし。

そんでありそうでなかった一目連の登場シーン?が!!

神社の境内にでっかい目が出てきてそれが一目連に変わるっていうシーン!!
おぉぉぉ目が!!!と思ってたら一目連でした(笑)

少しずつ確信に向かっているような・・・向かっていないような・・・
今回つぐみの登場もありませんでしたね~

スポンサーサイト

[2005/12/12 23:41] マンガ・アニメ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mese11092d.blog9.fc2.com/tb.php/105-3a1dc690








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。