スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

種デス46話感想 

種デスももうすぐ終わりですねーガンダムって終わるとき「あぁもう一年も経ってんなぁ~」と物悲しくなるんですよねぇ(><)
46話は悲しかったです・・・ミーアが・・・お亡くなりになりましたね。本物ラクスが出てきたのでミーアは議長の捨て駒として排除されてしまうと思っていたのですが殺されかけたのはミーアでなくラクスのほうだったんですね、まぁ確かに本物のラクスは議長にとって邪魔なわけで手元のコマとしてのミーアは好き勝手動かせますもんね。前半はミーアがすごい追い詰められてて見ててこっちも息苦しくなりました。メイリンとラクスが結構しゃべってるようでそこはなんか微笑ましかったです。四人でお買い物!!・・・服のセンス微妙でしたが(笑)ラクスが赤ずきんに見える。
後半は壮絶で時間があっという間に過ぎました。ラクスの「名なら差し上げます」って言ったとこかっこよかったですね!!名前も外見も「ラクス」にしてもやっぱりミーアはミーアだし、だからこそラクスとは違う人々に会えたりお互いが会えたりするんですよね、外見だけ装ってても人の中身って変わらないし違うからこそ色んな人がいて自分の人生歩めるんだと思います。ミーアはきっと「ラクス」であったことずっと心の奥底で後悔・・・というか悲しんでたんじゃないかな~誰も「ミーア」の自分を見てくれなくて、偽りの「ラクス」を演じさせられてたわけだし、そう思うと「ミーア」としてみてくれたアスランやラクスはミーアにとって出会えてよかった人たちなんだと思います。最後にミーアが整形前の写真を見せてラクスが「やさしいお顔ですわね」(だっけ・・・)と言ってくれた事、アスランが泣いてくれた事、悲しいけど「良かったね」と思えました。ミーアって最初物凄く嫌いだったんですけど話が進むにつれて好きになってすごくお気に入りでした。「本当の自分」てのを考えさせられるキャラでした。
ホント残り少ないのにシンがここまで目立たないのは不満ですが今回の話は良かったです。知ってはいましたがそれでもショックでした・・・種デスよく人死にません??前作は最終話あたりは凄かったのでまぁこんなものなのかなぁ・・・どちらにしても悲しいですよね(>_<)
スポンサーサイト

[2005/09/04 23:51] ガンダムSEEDDESTINY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mese11092d.blog9.fc2.com/tb.php/68-11cf6edd








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。